【要チェック!】スニーカーケアを成功させる3つのポイント!

スニーカーケア成功の秘訣   sneakerscare.jp

2022/9/7 記事を更新しました。

皆さんは、自分が履いているスニーカーについてどこまで把握できていますか?

・素材に何が使われているのか?

・どのような構造なのか?

・キズや汚れはないか?

 

なぜそのような質問をいきなりしたのかというと、今回こちらでお話するのは「スニーカーケアを始める前に必ずチェックした方がいいポイント」というものが存在するからなのです!

 

スニーカーのお手入れで思い出すのが、子供の頃、毎週土曜日になると母が運動靴をタワシでゴシゴシ洗っている姿。

当然、子供の頃は靴のお手入れに関する知識は皆無なので、「面白そう!やりたい!」とお手伝いのふりをして、アワアワになっていく靴を見て楽しんでいた記憶があります。

真っ白なスニーカーが黄ばんだら漂白剤の中にぶち込む光景も懐かしいです。

スニーカーケア ブラシはNG   sneakerscare.jp

今思うと、「う、嘘だろ…?」となってしまいますが、スニーカーのお手入れは革靴のように基本があるわけでもなければ、そこまで慎重に考えている人が少ないので仕方ないことかもしれません。

スニーカーデザインは多種多彩!

しかも、スニーカーと思い浮かべて、どんなデザインのものを思い浮かべましたか?

真っ白なNIKEの エアフォース1が頭に浮かぶ人もいれば、NIKEでもエアマックスの人もいるかもしれません。adidasCONVERSEの人もいますよね。

それほどスニーカーはデザインが豊富で、素材や仕上げ方によってお手入れ方法も変わってきてしまうのです。

それも〝スニーカーケア〟が大多数に根付かない理由なのかもしれませんね。

 sneakerscare.jp

チェック項目1.素材は何を使われているか

お手入れしたいスニーカーが、どんな素材なのかをチェックしましょう。

 

銀面がなめらかなスムースレザーであれば、レザースニーカー専用のお手入れ用品を使用するか、ビジネスシューズのような革靴とほぼ同じお手入れ方法で大丈夫です。

と言っても、普段、革靴のお手入れをしない人には謎だらけと思いますので、ここで、基本的なお手入れをご紹介します!

スニーカーケア sneakerscare.jp

スムースレザーのみで構造されたスニーカー

レザースニーカー専用のお手入れ用品を使用しない場合は、こんな流れでお手入れをします。

 

1.馬毛などのやわらかいブラシでスニーカー表面のホコリを払います。

2.スムースレザーに使用できるクリーナーで汚れを落とします。

3.スムースレザーに使用できる靴クリームで保湿と保革をします。

4.クリームをなじませるため、豚毛ブラシでブラッシングします。

5.乾いた布で乾拭きすれば完了です。

 

文字だけで見ると大変そうに見えますが、慣れてしまえば両足10分もかからずできてしまう単純な作業で、革の風合いや美しさを長持ちさせることができます。

 

気付きましたか?どこにもタワシは出てきていません(笑)

当然ながら、水道水でバシャバシャ洗うのはNGです。

 

スムースレザーのみ使用されているスニーカーであれば上述の通りでOKですが、スニーカーといえば、スムースレザーと起毛革(スエード)が混合されているものや、キャンバス地などのテキスタイルがメインのもの、1足に複数の素材が混合されているものが多いですよね。

そうなると、もう何を使ったらいいのやら…。

 

もちろん、素材に応じたお手入れアイテムをすべて揃えて、パーツごとにお手入れするのは大正解です。

でも、そんな面倒なことやろうとする人はなかなかいないはず。

 

なので、素材を選ばずお手入れできるアイテムを用意することをおすすめします!

〝スニーカーケア〟に特化した製品には、そんな画期的なアイテムが存在するんですよ。


 

タラゴ スニーカーケアシリーズ

タラゴ スニーカーケアシリーズ

異素材のスニーカーにおすすめのお手入れ手順の一例をご紹介します。

 

1.スニーカーダストリムーバーでブラッシングします。

長くてやわらかい化繊毛が隙間に入ったホコリも取り払います。

 

タラゴ スニーカーダストリムーバーブラシ

 

2.スニーカークリーナーで汚れを落とします。

様々な素材に使用可能なスニーカークリーナーを布やスポンジに取って汚れを拭き取ります。ここではスニーカートータルブラシを使うとより効果的です。

 

タラゴ スニーカークリーナー

 

3.保革・保湿のステップは、今現在ではやはり素材に応じたアイテムが必要となります。

スムースレザーにはスニーカーレスキュー、起毛には防水スプレーが効果的です。

 

 

4.スニーカープロテクターで防水ケアをします。

汚れが付着しにくくするためにも、防水スプレーは必須です。

 

タラゴ プロテクター

 

 

使用するアイテムが変わるだけで、基本的な革靴のお手入れとさほど違いはありません。

スニーカーを履く頻度が多い人は、スニーカーケア専用アイテムを揃えることをおすすめします!

スニーカー

チェック項目2.お手入れアイテムとの相性

自分のスニーカーが果たして皮革なのか合皮なのか、はたまたテキスタイルなのか、興味や知識がないと正直分からない人も多いかと思います。

ですが、大切なスニーカーを綺麗な状態で長持ちさせるためには、どんな素材で作られているかは知っておいて損はありません。

購入時にきちんと確認したり、靴箱の表記に目を通しておけば、よっぽどのことがない限りお手入れで失敗することは避けられるはずです。

 

素材ごとの使用を注意した方がいい一例がこちらです。

 

1.皮革製品に界面活性剤

皮革製品に使用可能と記載されているものを除き、界面活性剤系のクリーナーは革を乾燥させたり、傷みや色落ちの原因となる場合があります。

2.テキスタイルに溶剤系リムーバー

メタノールやアルコールといった溶剤系は、色落ちの原因になったり、プリント加工などを傷める可能性があります。

 

じゃあ、キャンバス地には界面活性剤のクリーナーを使えばいいんだ!ということになるのですが、100%安心というわけではないのが靴のお手入れの難しいところ…。

シミの例

シミの例

色移りの例

色移りの例

こちらの写真のように、使用可能と書かれていてもトラブルが起きる場合もあります。

原因は様々ですが、布地と芯を貼り合わせている接着剤がクリーナーを使用した際の水気で染み出しシミになるケースや、刺繍やプリントの色が移ってしまうケースなどが代表的です。

 

決してキャンバス地と界面活性剤の相性が悪いわけではなく、製造過程で使用された資材に反応してしまうことがあるからです。

せっかく準備したお手入れアイテムでこんなことになってしまうのはショッキングなので、必ず目立たない箇所でパッチテストすることをおすすめします。

タラゴ スニーカークリーナーでケア

チェック項目3.スニーカーの状態

お手入れ手順でブラッシングについて記載しました通り、靴のお手入れでブラッシングは非常に重要です。

ですが、スニーカーにキズや摩擦がある箇所を過剰にブラッシングすると、ダメージが悪化してしまうので要注意。

その他にも、亀裂部分に水分やクリーナーが浸透すると、亀裂を進行させる原因となります。

なので、お手入れ前にはスニーカーの状態を隅々までチェックし、愛情をもって大事に扱いましょう。

まとめ

 

スニーカーケアを成功させるには、

1.素材をよく知ること

2.お手入れアイテムをよく知ること

3.スニーカーの状態をよく知ること

 

に尽きます。

正しい方法とアイテムを把握すれば、より一層スニーカーに愛着も湧くこと間違いなしです!

 

【スニーカーズケアシリーズ】専用アイテムでお気に入りのスニーカーをキレイにしよう!

2022/9/6 記事を更新しました。

スニーカーのお手入れ、疎かになっていませんか?

スニーカーって、知らないうちに汚れていませんか?

お気に入りのスニーカーを履いてこれからお出かけ!という時に、思いもしない汚れが付着していてテンションが下がっちゃうなんてこと、皆さん一度は経験があるのではないでしょうか。

スニーカーは、近年のスニーカーブームの影響と、あらゆる年代層に性別を問わず日常的に履かれることから、お手入れ方法についてのお問い合わせが多くなってきましたが、あまりにも身近な為、軽視されがちな傾向は依然としてあるように感じます。

ビジネスシューズの場合は、なんとなく「きれいにしなきゃ!」という感覚があり、その方法についても、ホコリをはらって、クリーナーで汚れを落としてから、靴クリームを塗布するというおおよその流れをご存じの方も多いのですが、スニーカーのお手入れとなると、子供の頃に履いていたズックをスニーカー用せっけん(青い棒のアレです)で丸洗いするイメージを持たれる方も少なくありません。

タラゴ スニーカーケア公式サイト

スニーカーのお手入れは何を使えばいいの?

一言でお手入れといっても、その目的によって使用するアイテムや方法が変わってきます。

汚れを落としたい場合、レザースニーカーの保革をしたい場合、防水したい場合など、その目的は様々です。

さらに悩ましいのは、一足のスニーカーで色々な素材が使用されている場合が多々ある事です。

天然皮革、合成皮革、スエードなどの起毛素材、布地、エナメル、ビニール、ラバーなど多岐にわたり、考えると夜も眠れなくなります。

そこでおすすめしたいのが、迷わずに使えるスニーカー専門のケアシリーズ、“タラゴ スニーカーズ ケア”です。

それでは早速、代表的な商品を紹介していきましょう!


用途別 商品ラインアップ

1.ホコリ落とし


タラゴ スニーカーダストリムーバーブラシ

スニーカーについたホコリや汚れ落としに最適なブラシ。

日頃のお手入れとして、スニーカーを履いた後にブラッシングするだけで、ある程度の美しさを保つことが出来ます。

 

PP(ポリプロピレン繊維)の毛を使用しており、その軽さと水を吸わない特性から、スニーカーの隙間に入ったホコリや汚れを落とすのに効果的です。


2.汚れ落とし


〇タラゴ スニーカークリーナー

天然皮革、合成皮革、起毛革、布地など、幅広く使用できる万能汚れ落とし。

スニーカーを傷めることなく、しっかりと汚れを落とす専用クリーナーです。

素材にやさしい泡立ちの良い洗浄液が、表面の風合いや色を損ねることなく効果的に汚れを除去します。
コーンシュガーやココナッツオイルといった植物由来の100%天然成分をベースにした環境に優しい処方を採用しています。

タラゴ スニーカークリーナーを使用する際は、タラゴ スニーカートータルブラシを使用すると、更に効果的です。

タラゴ WASC!

タラゴ スニーカークリーナーでは落ちない頑固な汚れやミッドソールの汚れは、これ1本で。

ココナッツオイル由来の界面活性剤が汚れを溶かして素材から取り除き、素材に軟化効果を与えます。

研磨剤が入っていないので、繊細な素材の表面でも安心です。

タラゴ スニーカーダストリムーバーブラシ

クリーナーを泡立てて、汚れをしっかり落とすのに最適なブラシ。

合成繊維の中でも腰が強いといわれているPET(ポリエステル繊維)を使用しており、クリーナーをしっかりと素材になじませ、汚れを取り除くことができます。


3.保革・栄養

タラゴ スニーカーレスキュー

革製のスニーカーは、栄養補給が必要不可欠。

スニーカーの革素材部分に栄養を与え、キズやこすれなどのダメージから革を保護する効果があります。
植物性天然油分の「アボカドオイル」を使用しています。

油分が皮革に浸透することで革の柔軟性が維持され、こすれやキズ、雨ジミからスニーカーを守ります。


4.除菌・消臭

タラゴ スニーカー除菌消臭ミスト

お手入れついでに、気になるニオイも放っておかずに対策しよう。

スニーカーを長時間履いたり、素足で直接履いたり、スポーツシューズのように大量の汗をかくような履き方をしていると、いつの間にやら靴の中から何とも言えない不快なニオイが漂いだすってことありませんか?
タラゴ スニーカー除菌消臭ミストはそんな嫌なニオイをしっかり取り除き、靴の中を除菌、そして、心地よい香りを提供してくれます。
速効性があるので、靴の中へのスプレー後、しばらく乾かしたら、すぐに履くことができます。


5.革伸ばし

タラゴ スニーカーエクスパンダー

スニーカーがきつくて、歩くのがつらい時の救世主。

せっかく買った靴が、きつくて痛い!? 「日常の悲しみ」の上位にランクインする定番のヤツです。
スニーカーエクスパンダーは、スニーカーの皮革の繊維に作用して柔軟性を高めて、履きながら自然に革を伸ばすことが可能です。
スムースレザー、合成皮革、スエードやヌバックなどの素材に使用できます。


6.防水・防汚

タラゴ スニーカープロテクター

スニーカーを大切にするなら「予防」は必須!

革、布地など素材を問わず、お気に入りのスニーカーをできるだけ長く履きたいのなら水浸しになるようなことは避けたいですよね。
そうなることを防ぐため、事前にこの防水ミストを吹き付けておけば、急な雨や雪の染み込み、泥汚れから靴を守ってくれます。
天然皮革、合成皮革、オイルドレザー、スエード・ヌバック、布地、マイクロファイバーなどあらゆる素材に使用できるので、複合素材のスニーカーにもバッチリです!
また、安全性においても、ガスを使わないミストタイプの防水スプレーなので、より安心してお使いいただけます。


7.ソールの黄ばみ改善

タラゴ スニーカーソールレストアラー

あきらめていた、汚れ落としで改善しないソールの黄ばみに朗報!

スニーカーのラバーソール(靴底)の黄ばみが気になったことは誰しも経験があると思います。

この黄ばみは経年変化として味わい深いものがあり、白いソールにわざと黄ばみっぽく色を入れる加工もありますが、一般的には白くしたい人が多いように思います。

素材自体の黄変はクリーナーで改善するのが難しく、通常は白で補色するのですが、ソールレストアラーは、そんな黄ばみを根本的に改善する画期的な商品です。


まとめ

スニーカーは、一般的なビジネスシューズの様に光らせるわけではないので、「靴を磨かなきゃ!」という感覚ではなく、お気に入りの一足を「まめ」にお手入れしてあげることが長持ちさせる秘訣です。

 

その「まめ」なお手入れ方法は、決して難しいものではなく、家に帰ったらブラッシングでホコリ落とすのが基本で、あとは汚れていたらクリーナー、たったこれだけです。

 

そして、素材によっては防水スプレーで雨などのトラブルを予防し、革伸ばしや、消臭など、用途に応じたケアをプラスアルファで行えば完璧です。

 

“タラゴ スニーカーズ ケアシリーズ”は、スニーカーに必要なお手入れの項目を最適な形でほぼ網羅しており、皆様の多様なスニーカーライフをより楽しく、安心して送っていただくことをお約束します。

トップへ戻る